アクアリウムプロショップ ピンポイント

アロワナ実験施設編

行って参りました。中国ピンポイントアロワナ実験施設

今回も潜って一緒に泳いで参りました。
(泳いでいる姿は動画で撮影致しましたので後日写真、
動画の整理を行いご紹介させて頂きます。)
普段、水槽の外から見るのと違い、一緒に泳ぐのは中々出来ない、
貴重な体験となりました。

今回は実験施設でアロワナのサイズ測定、雌雄判別、水質検査、濾過槽の清掃、
などをメインに渡航して参りました。

行って参りました。中国ピンポイントアロワナ実験施設

今回は実験施設でアロワナのサイズ測定、雌雄判別、水質検査、濾過槽の清掃、などをメインに渡航して参りました




この池は2013年10月より稼働を開始致しました。

目的、用途と致しましては、当店がプロショップとしてアジアアロワナという魚の
生態をより把握し、それを知識、経験とし、全てのピンポイントのお客様に対し、
正確で確実なアロワナの育成方法、病気など問題が起きた際の対処方法を
お伝えし、また、繁殖までのプロセスを研究しデータとして保管する事を目的に
オーナーが中国の提携工場の敷地内に屋内で設計、建築した施設になります。

先ずは過背金龍のデータを収集する為に
稼働開始時、過背金龍の10cm程の幼魚を11匹放流し育成しております。
現在、一番大きい個体で51cm一番小さい個体で42cmに成長しており。
雌雄比率は現在、確定ではありませんが高確率で雄が4匹、雌が7匹であろうと
今回判断致しました

池のサイズは5mX4mX1m(最大深度1.2m)

池のサイズは5mX4mX1m(最大深度1.2m)




濾過槽サイズは4mx2mxx2mサイドフロー4層式になります。

濾過槽サイズは4mx2mxx2mサイドフロー4層式

濾過槽サイズは4mx2mxx2mサイドフロー4層式

サイドフロー4層式

サイドフロー4層式




水質管理は、現地スタッフからの、毎日の水質報告書を見て水替えのタイミングを
日本側から指示、餌に関しては、日替わりでカエル、コオロギ、川魚を与えております
(川魚は1000匹単位で常に池内に泳がせて自然に捕食させ、自然に近い捕食環境に
しております)
現地スタッフからの、毎日の水質報告書

川魚は1000匹単位で常に池内に泳がせて自然に捕食させ、自然に近い捕食環境にしております






池には区画ごとに仕切れる仕切り版を設け、アロワナ同士が喧嘩しても逃げ易い様、
入り組んで泳げるようにしております。

池には区画ごとに仕切れる仕切り版を設け





あくまで実験施設なので過密飼育は避け11匹にて育成しております。

過密飼育は避け11匹にて育成しております






現在、稼働から二年、過背金龍も立派に育って、サイズ的には繁殖が可能なサイズに
なりつつあります。今後は性成熟を待ち、繁殖実験に切り替えて参りたいと
考えております。
過背金龍の研究がある程度、確立された際には今度は紅龍の育成データを取るべく池を
稼働し続けて参りたいと考えております。

稼働から二年、過背金龍も立派に育って、サイズ的には繁殖が可能なサイズになりつつあります





今回の個々の研究に関しての詳しい報告などはHPブログや店長日記などで
随時報告して行きたいと考えております。

今回の中国渡航につきましては順次ご紹介させて頂きます。
皆様、お楽しみに。

中国渡航につきましては順次ご紹介させて頂きます




投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年1月19日

以前ご紹介させていただいたのですが、
昨年12月に行ってきました
中国にあるピンポイントのアロワナ実験施設ですが、
少しご紹介をさせて頂きます。

実験施設(池)には有名ファームの個体から、中国で採れた個体まで出目の違う過背金龍が十数匹泳いでおり、各過背金龍がどのように成長していくかなどの記録を取り、
また繁殖をさせるにはどのような環境作りをすればいいのか、
ピンポイント現地法人の方と連携を取りながら日々実験データを収集しております。

中国にあるピンポイントのアロワナ実験施設

有名ファームの個体から、中国で採れた個体まで出目の違う過背金龍が十数匹






訪問した際は、各個体のサイズと色の上がり具合のチェックを行い、
日々収集しているデータの分析を行いました。
十数匹の中でも際立った成長と色の上がりを見せていた個体のマイクロチップナンバーを読み取ってみると、有名ファームから持ってきた過背金龍でした。

各個体のサイズと色の上がり具合のチェック

際立った成長と色の上がりを見せていた個体のマイクロチップナンバーを読み取ってみる




鱗の光沢もしっかりしており、鰭の先まで金になっており、
色の上がりもかなり良いかと思います。
この様に良い過背金龍を作り出す有名ファームのアジアアロワナ生産技術、繁殖技術には凄く興味があり、この過背金龍を見るだけでファームの拘りや、品種改良に日々挑み続け常に上質の過背金龍を作れる技術が窺えます。
近いうちに直接ファームに行き色々勉強してきたいと思っております。



(Facebook、ネットショップ随時更新中!!皆様のアクセスお待ちいたしております。)


投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年1月19日

花鳥魚芸大世界視察後は、ピンポイントのアロワナ実験施設へ移動しました。
当店実験施設まで往復400kmと離れておりましたが広大な中国大陸、高速道路も
真っ直ぐに近く時速100kmで一時間100km本当に進めちゃうので
そんなに遠く感じませんでした。

実験施設には現在、1年前にオーナーがランダムに選別した出目の違う過背金龍が
十数匹泳いでおり、各個体の色の上がり具合や成長記録を行いました。
チエックしたところかなり良い感じで色も上がってきており、どの個体も
すごく元気に泳いでおりました。

ピンポイントのアロワナ実験施設 1

ピンポイントのアロワナ実験施設 2





また池の様子はカメラで24時間管理されており、遠隔で日本でも見る事が出来、
個体の状態の変化や、水温、水質まで徹底されておりました。

ピンポイントのアロワナ実験施設 3

ピンポイントのアロワナ実験施設 4





5時間くらい実験施設で個体の実測や成長記録を過去のデータと比較しながら確認作業を行い、一通り作業を終えた後、この池で店長はどうしても
アロワナと一緒に泳ぎたくなりオーナーにわがままを言い、
池で泳がせて頂きました。

アロワナと一緒に泳ぐという
普段では絶対にできない貴重な経験をしてきました。
水中なのに店長、我慢できなくて笑っております。

ピンポイントのアロワナ実験施設 5

ピンポイントのアロワナ実験施設 6




視察の締めくくりは工場の方々と現地でアロワナの管理を行っている
ピンポイント現地法人の皆様達と
工場の広場でBBQを行いながら夜更けまでビール片手にアロワナ談義に花を咲かせました。

駆け足な3日間でしたが、また暫くしたら池の様子を見に来ると約束をして
現地のスタッフ達とは別れました。

最後にフェリー乗り場でオーナーと現地法人のスタッフ劉さんと記念撮影を行い
店長、帰国の途に就きました。

記念撮影。


ピンポイントのアロワナ実験施設 7

投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年1月19日

年末に稼働を始めました中国アロワナ実験施設ですが本格的に稼働し始めました。
コンクリの池の為水質も最初はPHが高くて困りましたが今はライチの枯葉をネットに入れて濾過槽に入れる事で7.0?7.5辺りに落ち着きました。

中国アロワナ実験施設1

中国アロワナ実験施設2


アロワナも広い池のおかげか水槽よりも成長速度が速く2か月で3回りほど大きくなったと思われます。
水質データ水温データなども中国から最新の情報が毎日届いております。
この施設で繁殖まで持って行ければ本格的な繁殖施設に着手するつもりです。
皆様、御期待下さいませ。


中国アロワナ実験施設3





投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年1月19日

昨年より進行していた中国でのアロワナ実験施設の完成に伴い
中国に視察、及びアロワナの池放流に行って参りました

先駆けて広州の熱帯魚市場に行って参りました。
規模はサッカーグランド4面程の広大なスペースに何百店ものお店が密集しており凄い賑わいでした。
中国でも熱帯魚は大人気で特にアロワナは風水的にも珍重され多くの有力者が飼育しております。

広州の熱帯魚市場


アロワナ専門店に入ると非買魚ながら、アルビノの過背金龍が鎮座しておりました。
完全なアルビノを中国で見たのは初めてで大変驚きました。
お店のオーナーとお話しし、当店にも3匹のアルビノがいる話をしたら向こうのオーナーも大変驚かれておりました。隣のアロワナ専門店のオーナーたちも集まり熱いアロワナ談義が始まりました。

広州のアロワナ専門店

アルビノ過背金龍



広東省にある某秘密施設に戻って参りまして
いよいよ用意していたアロワナを5mx4mの池に放します。
構想から一年半ここまで、やっとたどり着き感無量です。

広東省にあるアロワナ実験施設



今回は過背金龍11匹を最初のテストフィッシュとして繁殖実験、成長記録、生態についての研究等をしようと考えております
池は上からだけでじゃ無く生体の確認が出来る様横からも観察できる様にしております。
また24時間リアルタイムで撮影し離れた日本でも見られるようになっております。

11匹を最初のテストフィッシュ

過背金龍11匹


研究結果は当店アロワナショップピンポイントの方でフィードバックし
皆様のアロワナライフのお役立てになれればと考えております。







投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2016年1月19日

  • 1

このページのトップへ戻る

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31