アクアリウムプロショップ ピンポイント

2015年03月04日
愛魚の餌食いは如何でしょうか?

スタッフBlog

皆様、愛魚の餌食いが悪くなったことは有りますでしょうか?

そんな経験をされた方、お悩みになられている方もいらっしゃると思います。
お客様より『アロワナが餌を食べてくれないけど、どうすればいいか?』と 相談を良く受けます。



一概にこれが原因だとははっきり申し上げられませんが、
まず確認して頂くのが水温とPHです。


水温の大きな変動やPHの乱れなど水質に問題があると
アジアアロワナには大きなストレスとなり拒食を起こしてしまう可能性があります。


PHは主に亜硝酸濃度が高くなったりすると大きく変動致します。
水替えしているのに体調崩したとかエラめくれや肌荒れをおこしてきたなどの場合、
濾過槽の処理能力が落ちている場合が多いです。
定期的に濾材を交換したり洗浄する事で水質を保ちましょう。


また、水槽に対し小さい濾過槽の場合、濾過が追い付いていない場合があります
その様な場合には濾過槽を追加するなどして対処して頂ければ良いと思われます。



後は、アロワナに対しての水槽の広さが関係しています。
狭い水槽で大きくなり過ぎると極端に食いが悪くなります。
とはいっても逆に水槽が広すぎると大量に餌が入っていなければアロワナがうまく捕食できないのでご注意ください。
稚魚を1200以上の大きな水槽で飼育される場合は仕切り版などを利用し、あえて狭くしてあげて捕食しやすい環境を作ってあげてはいかがでしょうか?



次に多い質問が、人工飼料を食べなくなったと言う事です。
アロワナが好んで食べる昆虫類(コオロギ、ワーム)などを与えすぎて、
味覚が肥えてしまったことが原因かもしれません。 (少し絶食させてみるのも改善方法です。)


当店では餌は偏らせず、様々な物を毎日、日替わりであげております。
やっぱし人間も毎日同じ食事では飽きてしまいますからね


どうしても拒食がひどいなと思うアロワナに関しては、餌漬け(餌を多めに入れ、いつでも食べれる状態)
にしたりアロワナに悪さをしない混泳魚を入れる事たりします。


混泳する事で触発され食いが戻る場合もあります。


アロワナにストレスをなるべくかけずに、水質を安定させておけば、そこまで拒食症になることはないかと思います。
皆様、愛魚の水質にはご注意ください。




投稿者:アクアリウムプロショップ ピンポイント | 投稿時間:2015年3月 5日

このページのトップへ戻る

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30